オーストラリア旅行で世界遺産に触れたい!オーストラリア専門旅行会社が紹介する世界遺産

オーストラリアを知り尽くしたスタッフが教えるオーストラリア旅行専門
オーストラリア旅行お問合せ
  お電話でお問合せ
048-706-7066 行こうオーストラリアドットコム
オーストラリア旅行無料相談
オーストラリア政府観光局ガイドブックプレゼント
オーストラリア旅行完全攻略 お得な無料情報配信中
オーストラリア旅行
  格安航空券&ホテル
  格安パッケージツアー
  ビジネスクラス格安航空券
  ホテルを調べる
  目 的 で 探 す
  新婚旅行
  子連れ・家族旅行
  格安旅行
  ちょっと贅沢な旅
  世界遺産
  グループ・団体旅行
  ワーホリ・留学
  バリアフリー旅行
プロが教えるオーストラリア旅行
  オーストラリア基本情報
  ホテルの選び方
  航空券を安く買う方法
  オススメ情報
  私の失敗談
  危険に遭わないテクニック
  旅を楽しむテクニック
  旅行保険の勧め
オーストラリア旅行メニュー
  どきどきわくわく旅行談
  オーストラリア何でもQA
  会 社 概 要
  お 得 な リ ン ク
  サ イ ト マ ッ プ
 
 HOME > 目的で選ぶ > オーストラリア世界遺産

オーストラリア旅行 世界遺産

オーストラリア旅行 世界遺産 Great experience in World Heritage
オーストラリア旅行 自分探しの旅がしたい!大自然に触れ感動したい!世界遺産巡りがしたい!
オーストラリア旅行 航空券を調べてみる
オーストラリア旅行 ホテルを調べてみる オーストラリア旅行 無料相談
オーストラリア旅行旅のコンサルタントからのワンポイントアドバイス> 
                </td>
              </tr>
              <tr> 
                <td height=
 世界遺産の旅をお探しのお客様

オーストラリア世界遺産

オーストラリアにはなんと「17」もの世界遺産があります。
その中でも自然遺産の数は世界一。

地球の歴史、大地の歴史、そして人間の歴史がいっぱい詰まった楽園のような美しい景観がケタはずれのスケールに広がります。オーストラリアを訪れた人は驚くでしょう!!


世界遺産に触れ、「新しい自分」を見つけたいあなたに!

17ヶ所もの世界遺産があるオーストラリア。大自然の中での散策や、歴史的建造物の観賞などさまざまな世界遺産を体験することが出来ます。一度にいくつもの世界遺産を回れるのはオーストラリアならでは!!
オーストラリア旅行で視野を広げ、今までの旅行とは違う「自分探し」の旅行がしたい方には、スタッフが見所や楽しみ方のアドバイスをご紹介いたします。

世界遺産の「へぇ〜。」と驚いてしまう。プチトリビアをお教えします。
知れば知るほど、オーストラリアが好きになるでしょう!!


シドニー・オペラハウス
Sydney Opera House

シドニーのシンボルであるこの建物は、みなさん1つの建築物だと思いでしょうが、実は大小5つの劇場ホールをはじめ、レストラン、図書館、アートギャラリーなどを含む巨大総合施設なのです。世界遺産へは2007年6月に世界遺産に登録されたばかりです。このオペラハウスの建築家はオーストラリア人ではなくデンマーク人!1957年の建設計画の際コンペで233倍の競争を勝ち抜いて選ばれました。完成までは、オーストラリア政府とは金銭面や建築技術の違いなどでゴタゴタ騒動があり…完成までに14年もの歳月をかけてしまったそうです。「シドニー湾に浮かぶヨットの帆をイメージした!」という説もあれば、「みかんの皮を剥いた時にひらめいた!」と、その従来の建築概念を施した有機的な形であることに色々な説があります。
シドニー湾側から見ると…「アイロン?」っと言う人も、ぜひ実際の目で見て想像を膨らまして下さい。


ブルー・マウンテンズ国立公園
Greater Blue Mountains Area

シドニーから車で2時間弱、日帰りでも行くことが可能です。
グレーター・ブルー・マウンテンズ地域は7つの見事な国立公園から構成されています。日本の観光ガイドブックなどに載っている神話「スリーシスターズ」はこちらで見られます。ここには地球上に現存するユーカリ種の90種もが自生しています。深い谷を覆うユーカリの大森林から放出された細かい油分の粒子が明るい太陽の陽射しに作用して、プリズム効果により雄大な山々がブルーに霞んで見えるので「ブルー(青)なマウンテン(山)」と呼ばれています。日本でみなさんが知っているコーヒーの種類とは全く関係ありません…。
真夏のシドニーで山火事が発生するニュースを見たことがありますか?あれは、この油分を含んだユーカリが暑さにより自然発火し、山火事が発生してしまうと言われています。


グレート・バリア・リーフ
The Great Barrier Reef

グレート・バリア・リーフ行きの船は、ケアンズから定期的に出ています。グレート・バリア・リーフに1日停泊する船や、400人まで収容できる大きな特設浮橋(ポントゥーン)に係留する船もあります。いずれの場合もスキューバ・ダイビング、シュノーケリング様々なアクティビティを楽しむことができます。グレート・バリア・リーフは、珊瑚とそこに生息する生態系としては世界最大規模を誇ります。単一の珊瑚礁ではなく、2,900の珊瑚礁と多くの島々で構成され、全長2,300kmにおよびます。なんとその距離は、グレートバリアリーフの中に日本の本州がすっぽり入る程です!!数十万年の進化を経て成熟した生態系であり、自然遺産の中でも4つの登録基準をすべて満たす大切な存在として世界の自然遺産の中でもとりわけ大切なものとされています。そんな貴重な海中世界をぜひ体験してください。


クイーンズランド湿潤熱帯地域
Queensland Wet Tropics

クイーンズランド州北東部一帯に広がる湿潤熱帯地帯は「世界で最も古い」といわれる熱帯雨林です。この熱帯雨林に囲まれた小さな町キュランダ。ケアンズ駅からは、絵本の中から飛び出してきたような可愛らしい「シーニックレールウェイ(キュランダ鉄道)」に乗車し1時間45分で行けます。さらに、キュランダには全長約7.5kmにもおよぶスカイレール(ケーブルカー)があります。この世界最長級を誇るケーブルカーは自然環境を守るためゴンドラを支える支柱をすべてヘリコプターで運ぶなど、環境を大事にするオーストラリアならではの手法で完成しました。世界遺産の熱帯雨林の中を空中散歩する気分で鳥のさえずりや、木々の香りに思わず癒されて眠くなってしまうほど!樹上すれすれを滑るように進むポイントもあり、大変な人気となっています。


ウルル-カタ・ジュタ国立公園
Ululu-Kata Tjuta National Park

オーストラリアの中央部にそびえ立ち、その威容を誇っているのは、ウルル(エアーズ・ロック)とカタ・ジュタ(マウント・オルガ)です。この2つの岩山は132,566ヘクタールに及ぶウルル-カタ・ジュタ国立公園内にあり、原住民アボリジニにより所有されています。この世界遺産へのアクセスは主要都市の多くから、公園のすぐそばにあるコネラン空港行きの飛行機が毎日運航しています。エアーズロックは赤い砂岩でできた一枚岩で、外周は9.4km、凹凸のない斜面が340mの高さまで続きます。数千年にわたり、アボリジニの人々は、宗教、文化、土地の支配、経済の面で、この岩を中心に生きてきました。ふもとにはいくつもの洞窟があり、太古のアボリジニはそこを住まいとし、壁画を描きました。岩の頂上から臨む壮大な景色を楽しむため、たくさんの旅行者が急な斜面を登って行きますが、道のりは険しく、現在、天候や風の強い日には登山路を閉鎖しています。この地域を先祖伝来のものとするアボリジニの人々は、彼らの文化を旅行者が尊重し、岩に登るのを控えることを望んでいます。数年後にはこの 「エアーズロック登山」は完全に禁止されるとも言われています。興味のある方はお早めに。


オーストラリア・ゴンドワナ多雨林
Gondwana Rainforests of Australia

QLD州とNSW州にまたがる亜熱帯から寒帯まで4つの気候帯に分かれ、コンドワナ時代からの太古の森林を残しています。その中でも、ゴールドコーストから車で約1時間半の所にある、ナチュラルブリッジ国立公園には、滝の水圧でできた巨大岩穴があります、ここで人気のスポットは、夜暗くなってからの土ボタルの観賞。多雨林の中を懐中電灯の明かりを元に進み、そして、土ボタルの生息する洞窟の中で持参した懐中電灯を消すと…頭上には星空のようにキラキラと光る土ボタルの姿が目の前に広がります!!まるで、映画、「天空の城ラピュタ」の飛行石採掘洞窟を思い出させるような幻想的な雰囲気に包まれるでしょう。


ロイヤル・エキシビション・ビルとカールトン庭園
Royal Exhibition Building and Carlton Gardens, Victoria

2004年文化遺産として世界遺産に登録された建造物です。メルボルン市内にあり、車、バス、トラムのいずれでもアクセスは簡単です。
1880年と1888年に開催されたメルボルン万国博覧会のためカールトン庭園の中に建てられた歴史的建物です。世界でも万国会場が当初の場所や状態のままで残されているものほとんどなく、現存する最古の万博会場と言われています。メルボルン市内観光コースの定番ですが、夜のライトアップされた姿もまたロマンティックで素敵です。


フレーザー島
Fraser Island

クイーンズランド州南東部サンシャインコーストの北、ハービーベイ沖合いにあるフレーザー島は、長さ約120km、平均幅約15kmの日本でいえば大阪府を一回り小さくした程度の面積を持つ細長い島です。この世界遺産は、なんと世界最大級の砂で出来た島なのです。この島は1992年に世界遺産に登録されました。また海抜200m以上の砂丘に多雨林が生育しているのは世界中でこの島だけです。40もの高地砂丘湖があり、世界で存在が確認されているこの種の湖の半数がこの島に集中しています。このフレーザー島の魅力はなんといっても「75マイルビーチ」。想像してください、どこまでも続く先の見えない真っ白な砂浜…長さ約100kmあるそうです。日帰りのツアーに参加するのも良いですが、現在フレーザー島には世界中の注目を集めている最高級のエコリゾートホテルがあります。大自然の中で高級ECOホテル滞在をする事が出来ます。


タスマニア原生地域
Tasmania Wilderness

車や産業が極めて少なく、北海道とほぼ同じ大きさのタスマニア島は、世界でいちばん空気がピュアと言ってもいいほど。またあらゆる地質年代の岩石がこの世界遺産地域に存在し、最も古い岩は約11億年前のものと言われています。世界最高齢の樹木のいくつかはこのタスマニア原生地域に自生し、寿命が2000年を超える樹もあります。旅行中にタスマニアの大自然をのんびり散策しながら、おいしい空気をいっぱい吸って心身ともにリラックスするのにピッタリの場所です。


ロード・ハウ諸島
Lord Howe Island Group

シドニーとブリスベンから便飛行機で約2時間弱の諸島およびこれらの島々を取り巻く珊瑚礁や海洋環境で構成されています。ここにある珊瑚礁は世界で最南端に位置し、18世紀に人々が移り住むまでは鳥たちの楽園とされていました。諸島には多種多様な海鳥が今でも訪れたり、営巣しておりそのうちの多くは希少種か絶滅危惧種と言われています。今では豊かな自然を守るため、ロード・ハウ島を訪問できる人数は1日400人までと決められ、島の自動車の数も制限されています。


ウィランドラ湖群地域
Willandra Lakes

NSWの南西部奥地にある4万年前の湖跡で、総面積は37万ヘクタールにおよんでいます。今では満々と水をたたえた湖があったとは思えない荒涼とした砂漠地帯常ですが、一定の方角から吹く風により作られた砂丘や、通称"Wall of Chaina"(万里の長城)と呼ばれている三日月形の隆起物があります。これは元々湖底にあった大地のシワが干上がって出来たものだそうで、自然が作り出した造形美に圧巻です。
世界遺産指定区域の大部分は牧羊業者により分割所有されていますが、約3万ヘクタールはマンゴ国立公園として一般の旅行者に解放されています。


哺乳類化石地域、ナラコート/リバースレー
Australian Fossil Mammal Sites, Naracoorte(SA)/Riversleigh(QLD)

1994年に世界遺産に登録された哺乳類化石地域は、2千kmも離れた2つの場所にあります。その一方がSA州のナラコート哺乳類化石地域です。平坦な土地にあり、行き場を失った海岸砂丘が幾筋も連なって現在の海岸線と並行に走っている様子が特徴となっています。もう一方はQLD州のリバースレー哺乳類化石地域です。ここ世界でも有数の化石埋蔵地で、多くの哺乳類化石が出土した場所です。現在はリバースレー哺乳類化石地域への旅行者の立ち入りは禁止されています。


西オーストラリアのシャーク湾
Shark Bay Western Australia

パースから北に約850kmの所にある、広さ約230万ヘクタールの穏やかな湾です。海洋生物・動物の宝庫としても有名で、イルカとほぼ同じ大きさの草食性哺乳類であるジュゴンの保護区がありおよそ1 万頭がここに生息しています。その数は世界でも最大規模です。また、モンキー・マイアでは、餌付けされた人なつっこいイルカが1日に何度もビーチの浅瀬にやってくるので、泳げない人でも気軽に野生のイルカに接近することが出来ます。


カカドゥ国立公園
Kakadu National Park

ダーウィンから車で約3時間、約1,975,500ヘクタールにもおよぶ広大なカカドゥ国立公園は、先住民アボリジニが約5万年ほど前から生活していると言われている土地です。この国立公園は文化遺産と自然遺産の両方に登録されている世界でも希少な世界遺産です。日本とは季節が逆の夏(12月〜3月頃)、熱帯地域のため道路が水に浸かってしまい通行止めになることもあるので注意してください。


パヌルル国立公園
Purnululu National Park

WA州北部にある約24万ヘクタールに広がるパヌルル国立公園は25年ほど前まで地元民しか知らなかったオーストラリア最後の秘境です。「パヌルル」とは、アボリジニ語で「砂の岩」の意味。砂岩が 2,000万年の時をかけて風化し、蜂の巣状の塔や円錐形をした奇岩群や、独特の縞模様の奇岩「バングルバングル」を作り出しています。飛行機で空から見下ろすのがベストと言われています。雨期の1月〜3月は国立公園への入場が禁止されています。


マッコーリー島
Macquarie Island

タスマニア島から南東へ1,500kmに位置する離島です。マッコーリー島は、海底が隆起して出来上がった島で、地球の地殻変動の歴史と、現在の動きを知ることが出来る貴重な場所です。地球上層部のマントル部分がほぼそのままの形で残っており、世界中の地質学者から大きな関心が寄せられています。現在、島への立ち入りは制限があり、許可証が必要となっています。


ハード島とマクドナルド諸島
Heard and McDonald Islands

パースの南西4100km、南極大陸近い位置にある島々です。諸島全体はオーストラリアの領土で、オーストラリア環境と遺産省、オーストラリア南極局が管理しています。ハード島にはオーストラリア最高峰2745メートルのモーソン・ピークが存在します。政府の方針で、研修者のみに公開されている厳正保護地域です。観光目的では立ち寄る事は出来ません。


オーストラリア旅行 航空券を調べてみる
オーストラリア旅行 ホテルを調べてみる オーストラリア旅行 無料相談

【目的地で探す】 

【旅の目的で探す】 

COPYRIGHT ・2005 by BFTJ